2009年08月18日

残暑お見舞い申し上げます

今年の日本の夏は、概ね平年並みの気温なのだそうです。
しかし、今年の夏が、ここ最近の高温傾向の年に比べ、安定しているのか、と言うと、そうでもないようです。都市別で見ると気温ら乱高下、北海道では低温傾向だったり西日本では逆に高かったり。近年の象徴であるゲリラ豪雨も、今年も当たり前のように被害をもたらしています。7月は気象庁発表でも異常気象だったとしています。天候不順のせいで野菜の値段も高い状況が続いています。
では、今夏の天候不順の原因は何なのか。それは、エルニーニョ現象だそうです。これが夏に起こると、日本では冷夏になると言われています。そう、実は今年の日本の夏は冷夏なのです!
冷夏なのに平年並み?と思うかもしれません。実際、近年の日本は平年の気温よりも1〜2度高い状況が続いています。平年気温というのは過去の気温までひっくるめて計算するので、近年の平均のみで再計算すると、みごと今年の夏は冷夏だ、と言うことができるのです。
参考URL
http://www.data.kishou.go.jp/climate/cpdinfo/temp/an_jpn.html
「平均」という数字のからくりについて語ってしまうと長くなるので割愛しますが、過去にとらわれず、現在の状況を冷静に判断して地球温暖化に取り組んでいかないと手遅れになってしまうような気がしてなりません。
そういえば先日、妹にこう言われました。
「これからは男も日傘した方がいいんじゃない?」
そんな日が来ないよう、願わずにはいられません(笑)

by kan

熱中症予防にぜひ


posted by まっつん at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。